マンション管理会社の評判には注意を払う必要があります。

最近になりニュースで取り上げられることが多くなっていますが、マンションは管理状態が命の部分があります。日本でマンションが誕生してちょうど半世紀くらいが経っているそうですが、最初に建てられたマンションの建て替えが問題になっているからです。
どんな建物も寿命があります。しかし、普段からメンテナンスを行っているなら寿命を延ばすことも可能です。その意味で言いますと、マンションの寿命はメンテナンスが決めると言っても過言ではありません。
そして、適性なメンテナンスを行うには良心的な管理会社と出会うことが必要です。マンションには通常管理組合というものがありますが、住民によって構成されていますので管理については専門家ではありません。だからこそマンション管理会社の役割が重要になります。

マンション管理組合と管理会社の関係とそれぞれの役割

賃貸マンションの管理はすべて大家さんの責任ですので入居者が関知する必要がありません。それに対して分譲マンションは住民が所有者ですので自分たちで管理する必要があります。それを怠ることは自分たちの資産価値を低くすることになります。ですから、マンション管理組合はマンションの価値を高める、または維持する役割を担っています。
その役割の一つにはマンション管理会社の選定という大きな仕事があります。この管理会社はマンションを管理する専門家ですから、この専門家のアドバイスを得て管理組合は管理することになります。例えば、マンションは定期的に外装を塗り替える必要がありますが、そのタイミングや施行会社の選定のアドバイスなどがあります。これらの中で重要な要因が施行会社の選定です。

中立公正なマンションの管理会社を見極める重要性

世帯数の多い大規模なマンションになりますと、外装工事の金額も多額なものになります。一般的には外装工事とともにそのほかの改装工事も行いますのでそれも含めますと金額はさらに高くなることになります。どんな業界でもそうですが、大きな金額が動くときに不正が起きやすい傾向があります。マンション工事はまさにその案件にありますので注意が必要です。
結論を言いますと、管理会社が本来の費用よりも高めに工事費を見積もるという不正が起きやすい構造が管理会社業界にはあります。このときの一番の問題点は不正を見抜ける人が管理組合側にいないことです。工事の見積もりが適正なのかどうかを判断することが困難であるのが現在の社会問題となっています。
言葉は悪いですが、いわゆる「ぼったくり」をされてもわからないのであれば住民は大きな損害を受けていることになります。そのような被害に遭わないためにはマンション管理会社の評判に注意を払うことが重要です。評判は決して侮れない情報です。

分譲マンションや賃貸マンション、ビルや施設など、あらゆる管理料金のご相談やお見積もりは、是非、お任せ下さい。 当社の「なんでも管理部」は、お客さまの口コミを中心に、マンション管理以外の管理にも取組んでおります。 複合再開発や大規模マンションなどのプロジェクトに参加し、開発のトータルサポートを行います。 お得な会員サービス!家事代行等の信頼できる専門会社のお取次ぎ等各種無料電話相談を承ります。 マンション管理会社は「株式会社ライフポート西洋」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加